アマンド六本木監修『シュクランジュ マフィン』を食べた感想

今日会社の方から頂いたアマンド六本木監修の『シュクランジュ マフィン』。
バブルの絶頂期の東京六本木交差点にあった喫茶店をご存知の方にはとても懐かしいお店で、その「株式会社アマンド」が親会社である「キーコーヒー株式会社」オリジナルの業務用向け市場に監修したのがこのマフィンだそうです。

チョコレートなのにくどくない!本格スイーツが手軽に楽しめる!

アレンジを加えた店内での喫茶メニューと、レジ横のレジ横展開によるお持ち帰りのどちらも見込んだ商品とのことで、こんな風に一つひとつ個包装になっています。

大きさはケーキ屋さんで買うケーキとほぼ同じくらいの大きさですね。
フォークを入れるとポロッと崩れる軽さで、一口食べてみると見た目よりふわサクでチョコレート味にしてはあっさりとしています。
これに微糖のホイップクリームなんかを乗せても美味しいでしょうし、”コーヒーと一緒に”を考えて作られているため、ブラックコーヒーか微糖のコーヒーと一緒に食べるともっと美味しいかもしれません。

今回頂いた「チョコレート」以外にも「プレーン」「バナナ」「ダブルベリー」「オレンジ&ヨーグルト」が展開されていてどれもとっても美味しそうです。

私の地域ではまだ馴染みはありませんが去年の秋頃から全国展開しているとののとなので、もしかしたら皆様の知ってる喫茶店に行くと置いてあるかもしれませんね。

クリスマスにこの『シュクランジュ マフィン』を買ってお家でデコレーションをしても楽しそうだと思ったので、住んでる地域で見つけたら是非買ってみようと思います。

薄毛予防 成長因子