Excel2013でQRコードを作成する方法 名刺やチラシ作りに便利!

先日会社で「QRコードをチラシに入れられないか?」と言われ、そんな簡単にQRコードなんてできるわけが…と思いつつ調べたところ、なんとExcel2013で作ることができるということが判明しました。
実際に作ってみると本当に簡単だったのでその方法をまとめてみました。

QRコードを作成する手順

1. 「ファイル」→「オプション」を押して、「リボンのユーザー設定」画面で「開発」タブにチェックを入れる
※すでに「開発」がツールバーに出ている場合は2.から始めて下さい

2. ツールバーにある「開発」タブの「挿入」→「コントロールの選択(工具マーク)」を押す

3. 「コントロール選択」画面で「Microsft Barcode Control 15.0」を選択する

4. シート上にバーコードをドラッグする
※大きさは後から変えられるので気にしないで下さい

5. 配置したバーコードを右クリックして「Microsoft Barcode Control 15.0オブジェクト」→「プロパティ」を選択する

6. スタイルのドロップダウンリストから「QRコード」を選択する

すると見慣れたQRコードの形に変わりますが情報はまだ何も入っていませんので、今回は例として私のブログにアクセスできるようにしていきます。

7. 配置したバーコードを右クリックして「プロパティ」を選択して参照先のセルを設定する
※値を直接設定したい場合は「Value」項目に値を設定します

8. セル「A1」に表示したいURLを入力する

これで完成です。もっと高度な知識が必要だと思っていたので簡単に作成できて感動しました!
自作したQRコードを名刺に載せるだけで会社案内の幅が広がったり一味違ったチラシ作りができると思うので、興味のある方は是非一度試してみて下さい。

薄毛予防 成長因子