本実堂サンドを食べた感想 サクフワ新食感でお土産に最適!

GWに東京に行った方から頂きました『本実堂サンド きな粉/抹茶』。仙台銘菓「萩の月」で知られる菓匠三全が展開する新スイーツブランドだそうです。

一つ食べてしまったので写真は三つですが本来はきな粉と抹茶二つずつ入っています。

本実堂サンドを食べてみた感想

淡く優しい食感の淡雪(卵白を泡立ててつくったもの)を2枚の薄いラング・ド・シャではさんであります。

一口噛むとラング・ド・シャ特有のサクッとした食感の後、淡雪がフワッと口の中で溶けていきます。その食感がサクサクフワフワが融合した今まで食べたことのない感じで、筆舌に尽くしがたい何とも面白い食感でした。

そして、きな粉は香ばしいきな粉ラングと淡雪の繊細な味を楽しめ、抹茶は香り高い抹茶ラングと淡雪の深い味わいが楽しめます。どちらも上品な甘さに仕上げているので、これなら甘い物が苦手な方でも食べられるのではないでしょうか。

【店舗情報】
「HONMIDO(本実堂)」
オープン日:2017年4月20日(木)
住所:東京都中央区銀座 6丁目10番1号 GINZA SIX B2階
営業時間:10:30〜20:30(GINZA SIXに準ずる)

今年の4月20日にオープンしたばかりのまだまだ新しいお店ですね。私はとても気に入ったので今度東京に行った際には自分でも買ってみようと思います。皆様も東京に行かれた際は是非買ってみて下さい。

薄毛予防 成長因子