引越し業者と引っ越す時期について 3・4月は要注意!

今年の1月末に急遽3月末〜4月中旬の引越しが決まり、慌てて見積りをしてみたのでその感想や町の便利屋さんについてのお話を。

引越し業者と町の便利屋さん

今回は金額を極力抑えるために大きな家具以外は自分達で運ぶことにしていましたので、下記の3社に見積りを依頼しました。

1. 町の便利屋「ベンリー」
2. サカイ引越しセンター
3. アーク引越しセンター

まず最初に来たのはベンリー。ですがここは見積り以前の話でした。
というのもホームページには「引越しのお手伝い・家具移動」とありましたが、ワイドサイズの婚礼家具等を見て「高所作業車もないし部屋から運び出せないから壊すしかない」と一言…
その言葉に母親がかなりショックを受けてしまいベンリーで頼むのは即辞めました。

次に来たのはサカイ引越しセンター。来て早々テキパキと見積りをしてくれまして仕事の早さには感心しましたが、その後の少し強引な営業の仕方が好きになれず結局お願いの電話はかけることなく終わりました。
何が強引だったかというと、「今日即決して頂くことを前提での見積り金額は◯◯万円です。それ以降でしたら金額がいくらになっても構わないならお引き受けします」という点と、「安いからと他社にお願いされるのなら、家具を傷つけられたりしても知りませんからね」という他社を貶す上から目線の営業です。
人付き合いでもそうですが、誰かの悪口を言うような人を信頼はできません。

その点、最後に来たアーク引越しセンターは見積りも迅速で梱包方法や当日の作業の流れなどを丁寧に説明してくれましたので、安心して任せられそうだと思い今回はアーク引越しセンターにお願いをすることにしました。

3月下旬の金額にビックリ!!

先にも書きましたが3月下旬の大安の引越しは一年で最も金額の高いということをお恥ずかしながら今回初めて知りました。
その理由は’‘会社が社員の転勤のためにトラックを押さえてしまうから”で、普通の月の約半分は既にうまっている状態なのだそうです。
ですから同じ量でも3月下旬(目安は男性のお給料の1ヶ月分)の引越しを諦めて4月中旬以降にしただけでも金額は半額、閑散期の6月にすれば5分の1程度で済むと言われました。

今回我が家は4月の中旬でお願いをすることにしましたが、もしいつかまた引越しなんて事になるような事があれば、今度は今回の事を踏まえた上で引っ越す時期や業者を考えようと思います。

薄毛予防 成長因子