iTunesでiPhone毎にライブラリーを作って使う方法

最近では家族が全員iPhoneを使っているなんていう方も多いと思いますが、我が家も母以外は全員iPhoneを使っていて尚且つiPod touchがあります。
そこで問題になってくるのが『1台のパソコンでどうやってそれぞれのiPhoneを使い分けるか』ということです。聞きたい音楽も入れたいアプリも全く違うし、かと言ってパソコンのユーザーアカウント分けをするほど使う訳でもない…

そんな時私が出会ったのが『iTunesにiPhone毎のライブラリーを作成して利用する』という方法です。この方法のお陰でかなりiPhoneの管理が楽になったので、1つのiTunesに複数のiPhoneを接続同期する時に便利なiPhone毎のiTunesライブラリーの作り方をご紹介したいと思います。

iTunesにiPhone毎のライブラリーを作成する手順

1. まずは起動しているiTunesを終了する
iTunesのライブラリーは、iTunesが起動している(使用している)状態では作成することができません。

2. キーボードのShiftキーを押しながらiTunesを開き、ライブラリーを作成する
iTunesのアイコンを選択してShiftキーを押しながらマウスの左ボタンをダブルクリックします。

するとこのようなiTunesのライブラリー選択画面が表示されますので、『ライブラリーを作成』をクリックします。

3. フォルダー名にライブラリー名を入力する

フォルダー名にライブラリー名として分かりやすい名前を入力して保存ボタンをクリックすれば、新規iTunesライブラリーの作成は完了です。
新しいライブラリーを作成すると自動的に新しく作成したライブラリーでiTunesが起動するので、後は同期したいiPhoneを接続して下さい。

iTunesのライブラリーを切り替える(選択する)方法

1. キーボードのShiftキーを押しながらiTunesを開く
使用したいiTunesのライブラリーを選択するには、まず、ライブラリーを作成する時と同様にShiftキーを押しながらiTunesを起動します。

2. 使用するライブラリーを選択する
iTunesのライブラリー選択画面が表示されますので、真ん中の『ライブラリーを選択』をクリックします。

ここでは最後に使用したライブラリーのフォルダーが表示されるので、その他のiTunesライブラリーを開きたい場合は、エクスプローラーのサイドメニューでミュージックフォルダーを開き、開きたいiTunesライブラリーフォルダーを選択して下さい。

そして、一番したにある『iTunes Library.itl』というファイルをクリックして起動します。

使用しているiTunesライブラリーが分からなくなってしまったら

もし現在どのiTunesライブラリーを使用しているか分からなくなってしまった場合は、以下の手順で確認して下さい。

1. iTunesを起動して、編集メニューから設定を開く

2. 詳細環境設定タブシートを開く
設定を開くと最初に一般環境設定タブシートが表示されていますので、右端の詳細アイコンをクリックして詳細環境設定タブシートを開きます。
そのiTunesMediaフォルダーの場所に表示されているのが、現在選択されているiTunesのライブラリーとなります。
ちょっと分かりにくいですが『Music/と/iTunesMedia』の間に表示されているのが、ライブラリーフォルダーとなります。

我が家はこの方法で計5台管理しているので、複数台所持されている方は是非一度試してみて下さい。

薄毛予防 成長因子