LINEのkeep(キープ)機能の使い方 残しておきたいメッセージや写真・動画はkeepに保存しよう!

皆様はLINEで送られてきた写真や動画はどのように保存していますか?
「動画なんて送らないよ」と言う方もみえると思いますが、最近知ったLINEの機能の中に送られてきた動画を簡単に保存できる方法があったので、今回はそんな『keep(キープ)』機能について紹介したいと思います。

LINEのkeep機能とは?

Keepはテキストや写真・動画・メッセージやWordやExcelなどのファイルをLINE上に保存しておけるストレージ機能のこと。
基本的にはLINEで受信したデータの保存を対象としていますが、自分のスマホ内に保存してあるデータをKeepにストックすることも可能です。
ただし一つ注意したいのは、合計1GBまでのデータなら無期限で保存できるものの1ファイルが50MBを超える場合は保存期間が30日間に制限されるので、動画など容量の大きいファイルの保存の際は気を付けましょう。

keep機能の使い方と削除の方法

まずKeepへの保存は、LINEのトークから保存する方法とkeepに直接アップロードする方法があります。
トークからKeepへ保存する場合は、受け取ったメッセージや動画など保存したいものを長押しして、表示されるメニューから『Keep(AndroidではKeepに保存)』をタップします。

これで選択したメッセージや動画などがkeepに保存されます。

データを直接Keepへアップロードしたい場合は、Keepの画面を表示して上部にある+ボタンをタップします。すると写真や動画・ファイルを選択したり撮影するメニューが表示されるので、そのどれかを選択します。

この方法だと端末内のデータだけでなくSDカードや他のクラウドストレージからデータをアップロードすることも可能です。

keepに保存したデータは自分のプロフィールのポップアップにある『keep』をタップすることで確認ができます。

また、keepに保存したデータを他の人に送信したい場合は、通常のトーク画面から相手に送信することが可能です。
メッセージ入力欄の左にある+ボタンを押して表示されるメニューのKeepをタップして、表示されたデータの中から送りたいデータを選択して決定をタップすれば送信ができます。

ここでデータを複数選択しての送信も可能です。

そして、keepに保存したメッセージや動画などを削除したい場合は、削除したいトークを左にスワイプして出てきた削除マークをタップして下さい。

保存してあるデータが多すぎると必要な情報を探すのが大変になったりするので、不要になったら削除することをおすすめします。

この方法を知ってからは大事な動画やメッセージをいちいちトークを遡って探す手間が省け、観たい時や読み返したい時にすぐ開くことができるのでかなり重宝していますので、是非使ってみて下さい。

薄毛予防 成長因子