冷蔵庫の処分方法 教えてくれない処分方法を紹介

引越しに伴って冷蔵庫の処分をしようと思っていたのですが、なんと買ったお店が民事再生法を申請して破綻しており慌てて他の方法を探しましたので、その方法を記しておこうと思います。

家電リサイクル法とは?

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

そのため上記記載の電化製品は勝手に捨てることは違法になり、必ずリサイクル券を購入して処分することが義務付けられています。

4つの処分方法

1. 新しい冷蔵庫を購入する電器店に引き取ってもらう
冷蔵庫を買い替える場合は新しい冷蔵庫を購入する電器店に引き取ってもらうことができます。新しく冷蔵庫を購入する場合でも、古い冷蔵庫を処分するためのリサイクル料金と運搬料は別途必要となります。

2. 処分する冷蔵庫を購入した電器店に引き取ってもらう
冷蔵庫を買い替えずに処分する場合は、その冷蔵庫を購入した電器店に連絡をして引き取ってもらうことができます。
ただし、今回の私のように破綻していたりお店が無くなっている場合は、別の方法で処分する必要があります。

3. 市町村に問い合わせる
プレゼントでもらった冷蔵庫など処分したい冷蔵庫を購入した電器店がわからない場合や、引っ越しをして冷蔵庫を購入した電器店が遠方になってしまい、引き取りを依頼するのが困難な場合は市町村に問い合わせると処分方法を教えてもらえます。市町村によって、市が代行で引き取ってくれたり、引き取ってくれる小売店や許可業者の紹介をしてくれるなど対応してくれます。

4. 指定取引場所へ持ち込む(運搬料金がかからない)
郵便局にある振込用紙(家電リサイクル券)を使ってリサイクル料金を支払い、全国にある指定取引場所へ直接持ち込むこともできます。指定取引場所に直接持ち込む場合は運搬料金はかからないので、リサイクル料金のみとなります。指定取引場所は、家電製品協会のHPで確認することができます。

冷蔵庫の処分は無許可の回収業者に注意!

家庭の廃棄物を回収できるのは「一般廃棄物処理業」の許可を持つ業者のみです。無許可業者により回収された廃家電はその後不法投棄される、不適正処理がされるといった問題も起きています。
さらに、回収に高額な処理料金を請求されることもあり注意が必要です。環境省も無許可業者を通して処分しないよう勧告をしています。
冷蔵庫を処分する際は先に説明した4つの方法できちんと処分しましょう。

一般的には買い替えが多いと思いますので1. の方法を取られる方が大半だと思います。
ですが私は今回その方法では処分できないため、3. か4. のどちらかで処分をしようと考えています。
もし4.の方法で処分した場合は郵便局でのリサイクル券の購入方法を、また改めてまとめてみようと思います。

薄毛予防 成長因子